2022.10.28

秋にこそ訪れたい道の駅~東北編~

あちらこちらで秋の深まりを感じる今日この頃。秋の味覚や景観が楽しめたり、秋ツーリングの拠点にうってつけだったり、そんなこの時期にぜひ訪れてみたい道の駅をご紹介します。 第1回は東北担当の賀曽利隆さんのおすすめを紹介です。 ※2022年10月31日 一部画像を変更しました

著・賀曽利隆

【紹介道の駅MAP】


 

道の駅 しもごう


東北の玄関口、白河から、甲子道路(R289)で甲子峠を越えて奥会津の下郷町に入ったところに道の駅 しもごうはある。奥会津の紅葉の連山を一望できる絶景の道の駅。ここからは奥会津の山並みが一望できる。R289の駒止峠周辺の駒止峠連山やR400の舟鼻峠近くの舟鼻山、さらにはR400の博士峠北の博士山も見える。峠とからめて山を見られるのがすごくいい。ここでは紅葉の奥会津の山並みを眺めながら会津名物「会津地鶏親子丼」を食べられる。 ツーリングマップル索引➡東北8D-2/関東甲信越90D-2

R289沿いにある道の駅 しもごう

道の駅から見える奥会津の連山の案内板

道の駅 しもごうで「ブルーベリーソフト」を食べる

道の駅 しもごうで会津名物「会津地鶏親子丼」を食べる

R289はワインディングの快走路

【秋を楽しめる周辺スポット】


道の駅 しもごうからR289で約30kmの白河市では南湖公園(ツーリングマップル東北9A-5/関東甲信越91A-5)できれいな紅葉が見られる。湖畔の茶店で名物の「南湖だんご」を食べながら紅葉狩りができる。南湖越しに那須連峰の雪山を見る。 白河からR289で甲子峠へ。阿武隈川の源流沿いに甲子温泉の一軒宿「大黒屋」(ツーリングマップル東北8F-3/関東甲信越90F-3)があるが、ここの混浴大岩風呂の湯はすごくいい。甲子峠周辺の紅葉は見事。下郷から県道131号→県道346号→R400で行く舟鼻峠周辺の紅葉も見事。奥会津ではあちらこちらで紅葉狩りを楽しめる。

白河の南湖公園の紅葉

南湖公園の「南湖だんご」

甲子温泉「大黒屋」の混浴大岩風呂

R289の旧道から見る阿武隈川源流の紅葉

R400の舟鼻峠近くの紅葉

【ほかにもあります!秋におすすめの道の駅】 


■道の駅 たかのす R7とR105の交差点近くにある道の駅 たかのす。秋になると無性に鍋を食べたくなるが、ここでは「比内地鶏きりたんぽ鍋」を食べられる。汁をたっぷり吸った熱々の「きりたんぽ」は最高。世界一の大太鼓も見られる。 ツーリングマップル索引➡東北83F-6

R7とR105の交差点近くの道の駅 たかのす

道の駅 たかのすの「比内地鶏きりたんぽ鍋」。秋旅では鍋を食べたくなる

汁をたっぷり吸った熱々の「きりたんぽ」

道の駅 たかのすの「大太鼓の館」を見学。ここでは世界一の大太鼓を見る

これが世界一の大太鼓。近くの綴子神社の祭りで使われる

■道の駅 たじま 3本の国道が重複する山王峠を越えて奥会津に入ると、すぐに出会うのが道の駅 たじま。ここでの人気の品は、名物「会津地鶏」の焼きとりや生卵、ゆでたまご。この季節だと「天然なめこ」を売っているが、いかにも秋を感じさせる。 ツーリングマップル索引➡東北7J-6/関東甲信越89J-6

道の駅 たじまの会津地鶏の「焼きとり」※販売は日曜のみ

会津地鶏の「焼きとり」を食べる

会津地鶏の生卵とゆでたまごも売っている

「天然なめこ」を販売中。天然ものは大きい

山王峠越えのR121の紅葉

■道の駅 鳥海 R7の道の駅 鳥海からR345→県道366号で鳥海山麓の升田へ。ここには名瀑の「玉簾の滝」(ツーリングマップル東北49H-3)がある。紅葉の岩肌を流れ落ちる高さ63mの大滝は見事。升田から入っていく奥山林道から手代林道の紅葉はすばらしい。 ツーリングマップル索引➡東北49C-1

R7の道の駅 鳥海

鳥海山麓の名瀑「玉簾の滝」

山形県側の奥山林道を行く

秋田県側の手代林道を行く

秋田県側の大清水園地から見る鳥海山