2021.09.24

<後編>祝!中部横断道全線開通!もっと行きやすく、楽しめるようになった「ゆるキャン△」のモデル地身延町へ行ってきました!

中部横断自動車道の下部温泉早川IC~南部ICが繋がって、グッと行きやすくなった身延町!『ゆるキャン△』のモデル地を追っていくことで、より楽しめますよ! <前編>ではみのぶまんじゅうの栄昇堂や、久遠寺などを巡りましたが、<後編>も魅力的なスポットがたくさん登場します。それではどうぞ! 【協力】 ©あfろ・芳文社/野外活動委員会 車両:YAMAHA トリシティ155

著・フィネス&昭文社(PR)

『ゆるキャン△』の聖地、本栖高校へ登校


おいしい食事に満足したあとは、『ゆるキャン△』の聖地へ行きましょう。 向かうのは『ゆるキャン△』でリンちゃんやなでしこたちが通う「本栖高校」・・・のモデル地となった旧下部中学校です。ここを訪れる『ゆるキャン△』ファンのために、校舎下にある常幸院が無料で駐車場を開放してくれています。ここにバイクを停め、坂道を登って校舎へ向かいます。途中、作品と同じ風景も見られて気分が盛り上がりますよ~! 通常時、建物内には入れませんが、玄関前やグラウンドには入ることができて、玄関内にはキャラクターの等身大パネルが設置されていました。

作品中のシーンを思い出しながら学校へ向かおう!

坂の上の高台にある高校。そのままの姿に感動します!

玄関内にはキャラクターの等身大パネルが

(校庭で焚火はできません!)

「あの自販機」のチェックも忘れずに!


常幸院の駐車場にあるコラボ自販機や、付近の案内板も要チェックです!

こちらは作中に合わせてハッピードリンクショップがラッキードリンクショップに!

ほっこり

付近にはこんな案内板がありますよ

見つけるとちょっと嬉しくなりますね

歴史ある温泉地、下部温泉で日帰り入浴


さて、下部まできたなら、武田信玄公の隠し湯と言われる下部温泉でさっぱりしていきたい!この日は朝から曇り空でしたが、たくさん歩いたのでけっこう汗もかいちゃいましたからね・・・ 温泉郷には日帰り入浴ができるホテルも多くありますが、今回は下部温泉駅にほど近い下部ホテルで温泉を堪能してきました。このホテルでは庭園内に湧出する硫黄泉と、引き湯の下部温泉共同泉の2種類の湯を、7つの露天風呂を含む12の湯舟で楽しむことができます。すごい! ちなみに、下部ホテルには下部温泉水で茹でた本格ボロネーゼが味わえる「下部温泉ボロネーゼ」が7月にオープンしていまして、こちらもおすすめですよ! ■下部ホテル 住所:身延町上之平1900/無休/営業時間:日帰り入浴は11:00~15:00、下部温泉ボロネーゼは11:30~14:30/料金:入浴料大人1200円/電話:0556-36-0311

庭園を望む檜露天風呂

富士山をイメージして熟成チーズをたっぷり振りかけた「富士山チーズボロネーゼ」

「甲州いろは坂」で富士の絶景が待つ本栖湖へ


温泉でリフレッシュしたら最終目的地の本栖湖へ向かいました。途中、カーブが連続する国道300号は「甲州いろは坂」とも呼ばれ、秋には紅葉の森を走れるおすすめのツーリングロードなので、みなさんぜひ行ってみてください。 ※国道300号は2021年8月31日時点で中之倉トンネル~百合切トンネル間が災害により通行止です。お出かけ前にチェックをお願いします!

九十九折りの上り坂が中之倉トンネル手前まで続く。これからの季節が楽しみ!

あのベンチで寝てみる!?


中之倉トンネルを抜ければそこは本栖湖。湖畔は人気の富士山ビュースポットです。 すぐそばには『ゆるキャン△』の第1話に登場した、かの有名なトイレもあります。さらに湖畔沿いを進んだ先にはモデル地として人気の浩庵キャンプ場もありますよ。

作中では冬の澄んだ空気感が気持ち良いですね

取材時は夏。夕日に染まった紅富士を期待しましたが、この日は見ることができませんでした、残念!

1話でなでしこが寝ていたベンチ

再現?

(オジサンが寝てたら絶対近づかないよね・・・)

まだある身延町のおすすめ立ち寄りスポット


というわけで、丸一日かけて身延町を走ってきました。途中、行く先々で『ゆるキャン△』の舞台巡りをしているらしき人を見かけて、「おお~、やっぱり人気なんだなあ」と感じました。 中部横断自動車道開通により、かなり行きやすくなりましたので、まだ行ったことのない方はぜひこの機会に行ってみましょう!もちろん、『ゆるキャン△』舞台以外にもおすすめの場所がたくさんあります!自然豊かな土地なので、トコトコ走るだけでも癒されそうですね。 最後に、ここまでに紹介した場所以外の、身延町おすすめスポットを紹介します。 【みのぶゆばの里】 身延町の伝統の味覚「みのぶゆば」の製造販売をはじめ、食事処 清流ではゆば料理が味わえます。 住所:身延町相又425-1/火曜休(祝日の場合は翌日休)/営業時間:9:30~18:00(食事処清流は11:00~18:00)/電話番号:0556-62-6161

みのぶゆばをはじめ身延町の特産品なども販売

「おから」入りのゆば子ちゃんコロッケはおすすめ

【富士川クラフトパーク(道の駅みのぶ)】 大型遊具や水遊びができる大噴水、バーベキュー場のほか、切り絵の森美術館や道の駅みのぶ 富士川観光センターが併設。子どもから大人まで1日たっぷり楽しめる大規模公園です。 住所:身延町下山1597/電話番号:0556-62-5545

バラや桜など季節の花も見どころのひとつ

【甲斐黄金村・湯之奥金山博物館】 映像シアターやジオラマなどにより、湯之奥金山の歴史をわかりやすく解説。なかでも採取した砂金を持ち帰ることができる砂金採り体験が人気です。 博物館前には足湯もあって、疲れも取れますよ。野クルメンバーも入ってましたね。 住所:身延町上之平1787番地先/水曜休(祝日の場合は翌日休、8月は無休)/入場料:展示観覧大人500円、砂金採り体験大人700円、観覧・体験共通1100円/電話番号:0556-36-0015

砂金採り体験はついつい夢中になってしまいます(金山博物館マスコットキャラクター”もーん父さん”がこちらを見ています…)

足湯は施設のすぐそばにあります(屋根付きで安心)

とってもあったまります

無料で利用できて疲れもスッキリ!

駅ノート的な、「しもべ黄金の湯ノート」もありました

【浩庵キャンプ場】 本栖湖畔にあり、正面に富士山を望むロケーション抜群のキャンプ場。「ゆるキャン△」第1話に登場した人気のキャンプ場です 住所:身延町中ノ倉2926/電話番号:0556-38-0117

正面にドカンと雄大な富士山が。このロケーションが魅力

【取材協力】


YAMAHA トリシティ155 今回のロケではフロント2輪が特徴のYAMAHAのトリシティ155を使用しました。高速道路での走行も可能な155ccモデルで、街乗りからツーリングまで幅広く使える車輌です。(ゆるキャン△の番外編でもリンちゃんがトリシティに乗ってましたね。125ccのモデルでしたが…)

流線形がカッコいいです

乗りやすくて走りも楽しい

リンちゃんが代車で乗っていた125㏄モデル

関連記事